まさかアンゴンでビールかけ?

 

アンゴンで信じられないような光景が!

その犯人は、 “キラキラ Star’s”

3部リーグでまぐれの優勝?

抑制すべき立場のやんちゃな親父達が先頭を走って

アンゴンで豪快にビールかけをやっちゃいました。

 

このキラキラStar’s、

2012年チーム結成元年の後期リーグで

鼻差、団子状態の争いでしたが見事に優勝をしてしまいました。

50歳を超えた親父達が結成したこのソフトボールチーム、

とある焼肉屋でたまたま隣り合わせになってしまい、

強引に勧誘され自分もチームの一員になってしまいました。

毎週日曜の9時から3時間、

長風公園の東側にある東華大学のグランドで練習をし

普段は真面目な人達です。

 

当然といえば当然ですが、この真冬に

ビールかけが出来るレストランは上海どこを探してもなく

監督の命令で泣く泣くアンゴンが引き受けることになってしまいました。

土曜日の18時から優勝祝賀会がスタート、

お店が落ち着いてからと常識で考えてましたが

まさか始まって1時間もしない19時前に

店内でビールが吹き飛びビールがけが始まってしまいました。

もちろん他のお客様は仰天、

そんなことも気にする様子もなく

親父達を中心におおはしゃぎで次から次へとビールを振り回し

全員びちゃびちゃ、

それでもまだまだ辞める様子もなく続き

最後には店外に出て路上でもビールかけに胴上げと

やりたい放題のキラキラStar’sの面々でした。

 

お店の床はもちろんビールで水溜りが出来ていて

窓ガラスや壁も泡だらけ、

店内はビールの香りで充満していました。

本当に近くに座っていたお客様が常連様ということもあり

理解をして下さいましたが、

多くのお客様にご迷惑をお掛けしました。

 

キラキラStar’s、後期優勝の結果から

来期2013年は3部リーグから2部リーグへと昇格、

優勝の可能性はほとんどなく自分は一安心です、 …が

のんきな監督からまた優勝するからよろしくって言われた時は

ぞっとしました。

昨年はあまり参加できなくチームに貢献できませんでしたが

やっぱりスポーツは楽しいものです、

今年は頑張りたいと思います。

…でも、もし優勝が決まる一戦で出番が回ってきたら、

チームを取るか、アンゴンを取るか、

なんか凡退しそうな気がします。

もしこのブログ、監督に見られたら、

もちろんその場面でベンチに下げられるでしょうね。

 

2012年12月22日(土) キラキラStar’s 後期優勝祝賀会

 

 

サイゴンの下町チャーハン

 

Com Chien Kho Ca Man コムチンコーカーマン

干し魚を使ったサイゴン下町チャーハンです。

 

Com Chien(チャーハン)

Kho(干した) Ca(魚) Man(しょっぱい)

 

このチャーハン、自分が大好きなんです。

ベトナムでは五目チャーハンがどこの店でも定番ですが

この干し魚を使ったチャーハンも隠れ人気チャーハンです。

とにかく、シンプル!

あんまり魚のチャーハンってイメージありませんよね。

 

アンゴンでは干した川魚をまず鍋でコトコト柔らかくなるまで

煮てボールに移し冷ませて、

骨を取り除きながら身を小さく裂いていきます。

これをカラカラに水分が飛ぶまで中華鍋で炒めていき

またこれを今後はフードプロセッサーにかけ小さく砕きます。

そしてこれをまた香ばしくなるまで味付けしながら

干し魚の手作りフレークを作っていきます。

この作業、かなり時間がかかります。

 

程よい塩気と油加減が肝心ですが

強火で卵と青葱だけ使って作るこのチャーハン、

お薦めです!

 

アンゴンには残念ながら滅多に

ベトナム人のお客様は来られません。

でも今日はアメリカ在住でベトナムから帰国途中に

上海に立ち寄ったベトナム人のお客様に、

Ngon! おいしいね、って、

褒めていただきました。

彼、ベトナム本土最南端のカーマウ産まれだそうで

一度行ってみたいなって思ってたカーマウ、

あの壮大なメコンデルタでのんびり育った感じが漂ってました。

羨ましい!

バンクーバー経由でサンフランシスコまで道中14時間、

明日出発のようで、これだけ故郷が遠いと帰省も大変ですね。

 

 

【第6回】最初の友達

 

ベトナムに着いて3週間ほどしてから

語学学校,料理学校に通いだし

その後は充実した生活を送ることになりました。

でもそれまでの3週間は適当に彷徨ってました。

要は何にもすることのない生活です。

 

住んでいたファングーラオの長屋から

細い路地を出るとデタム通り。

そこにカフェ333がありました。

この当時は珍しかったインターネットが出来るカフェ。

書いてあるE-Mailって文字をなんやろって思ってました。

でもちょいちょいこのカフェに通っていました。

暇でしたから。

 

そのカフェ333でアルバイトしてた、

右:Hoaホアと、左:Quanクアンです。

この時は片言の英語だけしか会話する手段がありませんでした。

2人はメコンデルタの玄関口 “My Tho ミートー” 出身で、

ホーチミンの大学に通う学生さん。

意気投合し実家に遊びに来いよってことでバスに乗って3時間。

ミートーのホアの実家に行った時の写真。

ハンモックに座って真中で生きたヘビを持ってます。

ほんまは持たされてます。

この後何回もしましたけど、この時が初めての

ベトナム人宅でウルルン滞在期。

この時は1泊だけだったけどホアのお母さんとお姉さんたちが作る

家庭料理を食べ家族一緒にゴロ寝しました。

 

ベトナムの家族に囲まれ、

うちの子が日本人の友達を連れてきたぞって宣伝したのか

あっちからこっちからいろんなベトナム人が集まって

なんかようさん質問攻めされました。

もちろんその全てが、ちんぷんかんぷん。

でもみんな笑顔で、楽しそう、

ミートーの市場に案内してくれたり、

メコン河で泳ごうって誘ってくれたり

誘導のままえらい楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

でも、何言ってるか分からん!

あぁ~、ベトナム語が喋りたいって真剣に考えたのはこの時です。

 

 

さすがに若い!

2日目朝には一人で蛇、持てました。

かわいい、かわいい、

まだまだ旨そうって思えるのは先のことです!

 

連載!ベトナム修行時代の体験談