9年ぶりにブンタウへ⑤


丘の上に一際大きな別荘が建っています。

今は博物館で見学できるようなので入ってみることにしました。

 

Bach Dinh というようで、 ホワイトパレス?

1889年に当時のフランスの総督の別荘だったようです。

 

中に入るとなんとなくフランス調?

ショーケースには骨董品の壷がずらりと並べられてました。

2階に上がると寝室や応接間に会議室があり

大きく開いた扉の向こうには海が広がってました。

 

反対側の山を見ると、ロープーウェイ?

いったい登って何があるんでしょう。

ホーチミン生まれのベトナム人もこの別荘のことさっぱり知らない様子で

ベトナムの最後の王朝の別荘っとも言って

自信はないけどって笑ってました。

綺麗な睡蓮が咲いてました。

裏庭には防空壕も発見、 結局よく分からずじまいで

やっぱり寄り道でしかありませんでした。

 

 

 

今回の日帰りブンタウの旅、 朝9時にホーチミンで船に乗り10時半前に到着、

帰りのホーチミン行きの船が15時半出発だったので

実際の滞在時間は5時間ちょっと、

ビーチを歩いてシーフードを満喫しカフェでのんびり、

5時間ちょっとの時間でしたがえらく長く、のどかに感じました。

また数年後に訪ねてみたいですね。

今回はビーチを歩いただけなので次回は海水浴も楽しんでみたいです。

 

2012年9月9日 ブンタウの旅

 

9年ぶりにブンタウへ④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なカフェを見つけちゃいました。

 

海辺の崖を削って作ったんでしょうね。

入口の道路から上に上に登っていかないといけませんが

眼下にはのどかな海を眺めることが出来ます。

地元のブンタウっ子に大人気の様子です。

遠くの海を見ながら のんびりとカフェスアダーを飲み

ベトナム時? のどかな時が流れていきました。

 

船着場からも右に向かって歩けば5分ぐらいで到着します。

帰りの船を待つ間には もってこいのカフェですね。

椰子の葉に覆われた屋根がまた良くて、

ベトナムって感じの長閑なカフェです。

 

ブンタウのカフェ: Ca Phe OCAPI

住所: 90A Ha Long,P.1,TP Vung Tau

 

中秋節&国慶節は営業中

 

9月30日の中秋節

10月初頭の国慶節

アンゴンはいつもどおり営業しています。

上海が少し静かに感じる1週間ですね。

それでも昨年のこの期間、 多くのお客様がお越し下さりました。

帰国したりどこかに旅したりするのもいいですが、

上海でのんびりと過ごすのもいいですね。

 

9月30日の中秋節
10月初頭の国慶節

アンゴンはいつもどおり営業しています。

上海が少し静かに感じる1週間ですね。
それでも昨年のこの期間、
多くのお客様がお越し下さりました。

帰国したりどこかに旅したりするのもいいですが、
上海でのんびりと過ごすのもいいですね。

9年ぶりにブンタウへ③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりブンタウといえばシーフードですね。

そうそう、これを期待して今回やってきたんです。

 

国土が縦長なベトナムは東側が全部、海、

メコン川やホン川など大河が南と北に流れていて

川魚のイメージがありますが、 広大な海が広がっていて

沿岸部では新鮮なシーフードがたっぷり味わえます。

 

もちろんブンタウまで来たのでいろいろ注文してしまいました。

実は今回のブンタウの旅、

日本人,ベトナム人,タイ人,ミャンマー人、

そしてノルウェー人と総勢8人、

不思議な縁で集まった皆で

たらふくシーフードを食べる為にやってきたんです。

ここのレストラン、 驚くほど大きい、

だんだんと拡張してきたんでしょうね、

現在は1000席以上もあると思います。

ブンタウの名物シーフードレストランです。

 

海辺にあり横を見ればすぐそこが海、 遠くには船があちこちに航行していて

パラソルの下での昼食、 タイガービールを飲みながら

本当にシーフードを8人揃って満喫しました。

どれも新鮮、どれもおいしい、 ここでしか味わえないものばかり。

注文はこんな感じでした。

 

・Ghe hap 蒸し花ガニ

・Tom tich rang muoi 巨大シャコの塩炒め

・Oc hap rau ram 茹で巻貝とタデ

・Muc nuong sa ot イカのチリレモングラス焼き

・Banh hao chien カキの衣揚げ

・Cha gio hai san 海鮮揚げ春巻き

・Cai ro xao toi カイラン菜のニンニク炒め

・Rau muong xao mam ruoc 空芯菜のマムルック炒め

・Com chien hai san 海鮮チャーハン

・Chao cua 渡り蟹のお粥

 

花ガニと巨大シャコは1人1匹ずつ注文、 さすがに食べ過ぎです。

 

是非ブンタウに訪れた際はこのレストランに。

お薦めです!

でもブンタウではわざわざレストランに来なくて

ビーチでもシーフード料理楽しめます。

泳いで寝そべって食べて飲んでって

そっちの楽しみ方もいいかもしれません。

 

シーフードレストラン: Nha Hanh Ganh Hao

住所: 03 Tran Phu,P.5,TP  Vung Tau

 

2012年9月9日 ブンタウのシーフードレストランで昼食

 

9年ぶりにブンタウへ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブンタウは、ホーチミンの南東に位置し、

気軽に行ける海水浴場として有名です。

 

この日は日曜日ということもあって

たくさんのベトナム人が泳いだりパラソルの下に寝そべったりしてました。

 

ベトナムではあまり水着を見かけません。

Tシャツを着たまま泳ぎ、 そのまま寝そべってると自然と乾きますもんね、

ニャチャンやムイネーなど

南部にはもっと海がきれいなビーチリゾートがありますが

ブンタウは1時間ちょっとで行けますので

ホーチミンから日帰り旅行に最適です。

 

久々のベトナムの海、 青空の下、爽快でした。

 

9年ぶりにブンタウへ①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9年ぶりにVung Tau(ブンタウ)へ行ってきました。

 

なんとも懐かしい、 修行時代に語学学校のクラスメイトと1度、

それから9年前にアセアン東南アジア料理コンテストで

ベトナムの代表として出場した

現在大阪で活躍するビンシェフを面接する為に訪ねた2度目、

そして今回が3度目のブンタウです。

ベトナムでは直轄市(ホーチミンやハノイ、ダナン)と

ドンナイ省やニンビン省などの省がありますが、

ここブンタウだけは直轄市でも省でもなく

Ba ria Vung Tau って、バリアが正式名所なのが不思議ですね。

昔はロシア人が多く滞在していて油田開発が積極的に行われていました。

 

ホーチミンの大通り、Nguyen Hue(グェンフエ)通りを

真っ直ぐ向かいサイゴン川に突き当たった場所に

ブンタウ行きの船乗り場があります。

サイゴン川を河口に下り海で出ると間もなくブンタウに到着します。

車を使い陸路では2時間かかりますが

高速船では1時間15分で到着します。

 

出前メニューが新しくなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンゴンの出前メニューが新しくなりました。

 

新しいメニューも加わってます。

以前のメニューしかお持ちでない方はお届けしますのでご連絡くださいね。

 

出前メニューとしてだけでなく

ベトナム情報誌として活用できますよう

次回の冊子作り、いろいろ試行錯誤中です。